JANコード検索アプリ
じゃん検索
JANがわかる、JANでわかる。かんたん、おてがるな商品リサーチ、価格比較アプリ

JAN検索&商品リサーチアプリ「じゃん検索」を使おう

じゃん検索:人気の商品ランキング

JANコードで商品を簡単リサーチ

キーワード検索で
JANコードがわかる

使い方はシンプル。

検索ボックスに商品名、キーワード、ASINなど、
わかっているワードを入力して検索。

簡単にJANコードがみつかります。※1

JANコードだけじゃない
商品情報を知る

JANコードは商品のバーコードに使われている識別番号。

じゃん検索の検索結果はそれだけではなく、
商品に関する情報や、JANコードを読み取って知ることができる「電脳リサーチ情報※2」も詳しく確認することができます。

商品リサーチ、価格比較で
ECサイトのお買い得情報をチェック

詳細画面ではその商品のネット通販価格も表示。

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどの
大手ネット通販モールでの販売価格がわかります。

価格比較しながらお得な商品※3を探すことも可能です。

より多くの商品が見つかる
ハイブリッド検索

JANコード検索サービスはいろいろありますが、
無料で使えるJANコード検索サイトのほとんどは
Amazonの機能を使って提供されています。

実は、Amazonの検索機能では最新商品や特定カテゴリの商品、中古販売(転売)などでアクセスが集中する人気商品の一部などの検索が制限されていることがあり、これらのJANコードなどの商品情報を取得することができないことがあります。

Amazon以外の商品もまとめて検索

本アプリではAmazonだけでなく、
複数のデータソースから商品リサーチを実施。

他サイトでは検索できないJANコードや商品情報も
正確に検索できる場合があります。

他サイトで見つからないJANコードや製品情報があればぜひ試してみてください。

あなたのスマホが
バーコードリーダーに

カメラ付きのスマートフォンなどであれば、
スマホをバーコードリーダーとして使うことができます。

バーコード機能ではカメラで直接バーコードを読み取って
商品詳細の検索を行うことができます。

まとめて価格比較などを行う際に便利です。

※1 JANコードに限らず、EANコードに準拠したUPCコード、ISBN(国際標準図書番号)なども共通の検索結果として識別されます。
※2 コードの国コード、企業コード(JANコードの場合)の識別のほか、ISBNの地域情報などを識別可能です。また、商品リサーチ情報として、在庫状況の有無や中古商品の販売、並行輸入品や新古品などの取り扱いなどを商品情報を自動解析してタグ表示します。
※3 価格情報の取得には独自のフィルタ機能を設けているため、一部の不正な商品や同一商品と判別が難しい商品などが除外されます。一方でフィルタの精度により最安値の製品などもフィルタ対象となってしまう場合があるため、表示される価格は必ずしも最安値ではないことをご了承ください。

モバイルアプリとしても利用可能
(PWA)

ホーム画面に登録すれば
データ管理もスキャンも簡単

検索サービスはWebサイトにアクセスするだけでも使えます。

アプリをインストールすれば、お使いのスマホのホーム画面からもっともっと簡単にバーコードリーダー機能などを呼び出すこともできます。

iPhone(iOS)、Androidのどちらでも動作可能です。


こんな使い方

お店の商品価格のリサーチに

お店でほしい商品を見つけたけど、もしかしたらネットのほうが安いかも。

検索機能やバーコードリーダーを使えば外出先でもお手軽に代表的なネット通販サイトの価格をチェックできます。※4

コレクションの管理に

JANコードはその商品固有に付けられる識別番号。

商品のJANコードを記録しておけば、ご自身のコレクション管理などにも利用できます。

お気に入り機能なども今後追加予定です。

フリマ出品前の相場チェックなどに

お気に入りのコレクションを手放すとき、できればその商品の価値を知っておきたいもの。

バーコードスキャナをつかえば、すぐにネットでの価格情報がわかり、相場観を知ることもできます。

※4 バーコードスキャナはスマートフォンのカメラ機能を使用します。お店の中ではカメラでの撮影が禁止されていることが多いため、その場合の利用はお控えください。


みなさまのご意見を随時反映して成長しています

実装済みの機能
  • PC版テストリリース(WordPressプラグイン開発)
  • モバイル版テストリリース
  • Amazon商品情報の表示
  • バーコードリーダー機能追加
  • モバイルアプリ(PWA)版テストリリース
  • バーコードリーダーの読み取り精度を向上
  • 検索履歴の保存機能を追加
  • 商品詳細情報の追加(楽天市場、楽天ブックス、Yahoo!ショッピングなどからの追加商品情報取得機能)
  • 商品画像バリエーション表示の追加
  • バーコード生成機能の追加(実商品と同じ読み取り可能なバーコードを画面上に表示)
  • ハイブリッド検索機能(複数ソースからのJANコード情報取得)
  • EANコード情報詳細表示機能追加
  • EANコード解析機能改修。JANコードのGTIN(商品識別コード)事業者情報の検索リンクやISBN情報などの表示。
  • カテゴリ検索機能の追加(テスト中。各カテゴリ先頭1ページのみを表示)
  • 商品情報分析によるリサーチタグの追加。品切れや新古品、並行輸入品などの各情報を表示。
これから開発を予定している機能
  • お気に入り機能
  • バーコード連続読み取り機能
  • 価格比較対象サイトの拡大
  • 入手ポイントや送料などの差し引きを含めた実質コストの算出、比較
  • サービス全体の高速化
  • モバイルアプリ版リリース(ネイティブアプリ)
  • アクセスした商品の履歴を記録
  • 過去の販売価格の参照、チャート化

みなさまのリクエストに応じてどんどん機能を拡張しています。
このほかにも追加してほしい機能、開発を優先してほしい機能など
ありましたらぜひお知らせください



使ってみよう

キーワード検索や人気ランキングから商品リサーチ情報をご覧になってみてください。

じゃん検索:人気の商品ランキング


何かあったときのために、ぜひフォローしてください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
JANコード検索 – じゃん検索
タイトルとURLをコピーしました